スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アート鑑賞会♯6『家の外の都市の中の家』『project N 46 石井亨』

さて、少し時間もとれたので、
おなじみ半額コースでTOCアートギャラリーへ。
やっぱり500円は安いわー。

『家の外の都市の中の家』
2010年に開催された第12回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館の帰国展。
「Tokyo Metabolizing」として刻々と生成変化を続けている東京という都市を
生き物として映像などで表現されていました。
「ハウス&アトリエ・ワン」、「森山邸」、今回は新たに「祐天寺連結住棟」を
模型で展示されています。

この展示で面白かったのは、
東京という町をどんどん変わっていく生き物としての表現が
すごくわかりやすい作りになっている点と
各建物の模型がかなり大きい模型で展示されている点です。

建物の模型って大体テーブルにおけるサイズのイメージですが、
この展示の模型はまるで小人が住んでいるかの様なサイズ。
とくに、「ハウス&アトリエ・ワン」は中にある日用品もそのサイズで作られているので、
とってもかわいい。

森山邸は木でできた家の枠組みに真っ白な紙で人や家具・植物がおかれており。
さながらジャングルぽい様相。
「祐天寺連結住棟」は壁一面にスカイブルーの模型がおかれており、
真上から見ているかのような状態。
ちょっと酔いそうになりましたが、素敵な家でした。

実物を見に行きたくなりました!


アトリエ・ワン
●西沢立衛「森山邸
●『家の外の都市の中の家』TOCアートギャラリー 10/2まで。


で、今回は同時開催の『project N 46 石井亨』も行ってきました。
同じチケットで入れるので、併せて500円はマジお得!

ちょっと寄ってみようかってノリだったのですが、
なんとも面白い!
染物の作品なのですが、ネオンのような作品と、
満員電車から人が流れ出るさまを表現した「下車」など
キャンバスでいうと100号近い作品でカラフル、ポップで
江戸っていう感じのすっごい楽しい作品でした。

この人の作品展とか別途あれば行きたいですね~~

●「project N 46 石井亨



帰りは近くの新しくできたお好み焼きやにいってきました♪
スポンサーサイト

■ Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

kei

Author:kei
サックスが好きなIT業界者です。
現在、吹奏楽、JazzBandで吹いてます。

告知
■出演情報
2011.10.2 Sun.
 6th Live

 PFF Jazz Band
 @新宿PIT INN
--------------------
カテゴリー
RSSフィード
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。